Iwatani Group

岩谷産業ホームぺージ

播種ライン

全自動播種機ドラムシーダー > 播種ライン

全自動播種機 VS-1を中心とした播種ライン

当社では、お客様の効率アップを図り、播種ラインを完成するために、VS-1以外の播種前後に使用する園芸用機械も販売しております。

※ミキサー+ポッティング※用土混合機+用土充填機

※播種機+覆土機+潅水機※播種機+覆土機+潅水機

用土混合機(ミキサー)

育苗及び栽培用土には「固相・液相・気相」の確保が必要です。
本機は、2軸対流方式を採用し、短時間で均一に混合することで、その要求を実現させています。

KYM-A型

KYM-A型

ナタ羽根(耕耘機のナタツメ)を採用していますのでダンゴ土でも粉砕出来ます。
比重の重い培土を用いる業者向けとして主に、造園業者様、野菜生産者様にご利用頂いています。

KYM-B型

KYM-B型

Tバー羽根を採用して、手で攪拌するイメージで設計されています。
圧縮ピートモスなどを砕く粉砕力を確保しながら、ふっくらとした培土を造ります。
花生産者様・野菜生産者様にご利用頂いています。

用土充填機(ポッティングマシン)

生産規模による機種選定だけでは無く、使っている用土に対応出来る、設計・構造のものをご選択下さい。
「こだわりの培土でも故障無く働いてくれる機種」をお勧めします。

MYP-A02型

小型軽量ですが、従来、壊れやすいと指摘されてきた昇降機などは頑丈に出来ています。
振動・転圧・コンベアスピードコントロールは標準装備。
小・中規模生産者様の栽培用土充填や、育苗用培土充填にご利用頂いています。

KYP-GT型

高性能型で高い耐久性をもった構造で、あらゆる生産者様・業者様にご利用頂いています。
国内製品最速の処理能力です。振動・コンベアスピードコントロールは標準装備。
大容量のホッパータンクにも対応します(1,000~3,000ℓ)。

自動鎮圧機(オートディブラー)

KYC-D型

KYC-D型

培土を充填されたトレイに種子を播く前の種子凹を形成する装置です。
用土充填→播種の一連を自動化する際に、播種前の処理として必要です。

自動覆土機(オートカバラー)

KYC-15C型

KYC-15C型

播種後の覆土装置として作業が簡素化されます。
通常はバーミキュライトを覆土しますが、
オプションでは、とも土仕様にも対応しています。

自動潅水装置(オートシャワー)

KYC-15S型

KYC-15S型

覆土後の潅水または播種前の潅水などに使い省力化することができます。
ミストノズルで霧状の潅水をすることにより培土を流し過ぎる事がありません。

お問合せはコチラ

ページの上部へ